洗濯の時間を確認しよう

無駄に時間を使用しないために

洗濯機のコースを変えることで、すばやく衣類を洗えます。
初期設定になっている場合は、直してから洗濯をしてください。
汚れがひどい衣類は、1回洗濯機で洗っただけでは綺麗にならない時があります。
その場合は、2回洗濯機に入れている人が見られます。
しかし時間と水道代と、電気代の無駄なので別の方法を使ってください。
洗面器に洗剤を溶かした水を張って、その中に衣類を入れます。

汚れている部分が、しっかり水に浸かるように沈めましょう。
30分ほど浸けていると、汚れが薄くなります。
その状態なら、1回洗濯しただけで綺麗な状態になるでしょう。
洗濯する際はお湯を使うのもいい方法です。
お風呂の残り湯などの水よりもちょっと温度が高いものを使いましょう。

早く乾かすポイント

空気の通りがない場所で洗濯物を干しても、なかなか乾きません。
洗濯物が湿気を吸収してしまうので、嫌な臭いがつく原因になります。
干す場合は、空気の通り道を作ることがすばやく乾かすコツになります。
室内のベランダで干す場合は、窓を開けてください。
部屋で干す場合も同じように、窓やドアを開けることをおすすめします。
すると室内干しでも、嫌な臭いがつくことはりません。

洗濯物同士の間隔を、開けることも重要です。
せっかく窓やドアを開けていても、洗濯物同士が近くにあると湿気を発生させます。
ですから、1回に干す洗濯物の量を少なめにすると良いですね。
洗濯物が多い場合は、干す場所を分けてください。
すると、間隔をしっかり開けられます。